この記事はLeon RedingerさんによるA Symbol Core Value: Sound Economicsの日本語訳になります

ブロックチェーンや分散型台帳がここまで進化してくると、時にサトシ・ナカモトが思い描いた未来の核心的価値について忘れてしまうことがあります。それは、健全な経済と資本主義。

今日の社会では、「資本主義」という言葉がくすんでしまっています。政府に働きかけて便宜を求める大企業の姿や、顧客を欺いて膨大なボーナスを受け取るCEOの顔が目に浮かびます。

ですが、今日お話しさせていただきたいのは、このようなことではありません。

公正で、明確に定義されたルールを持ち、中央集権的でもなく、隠れた手数料もないルールに基づいた新経済圏に参加する自由についてお話させていただきます。数学で暗号化されて、保護されている新しい経済圏についてです。

Bitcoinには、2100万枚のBTC
Symbolには、90億万枚のXYM
と、それぞれ総発行枚数があります。

発行枚数の多寡の問題ではなく、あらかじめ定められた不変の総発行枚数があるという事実が重要なのです。

BTCと同様に、XYMも中央機関やコミュニティによる投票、もしくはサトシの思い描いたことからの逸脱を企む未来の世代が現れたとしても、改変されることはないのです。

サトシは、ネットワークの安全性を保つために、アーリーアダプターに報酬を与える手段として、また、固定された総発行枚数を分散して分配する手段として、ブロック報酬をビットコインコアに組み込みました。
しかし一方では、多くの暗号資産プロジェクトでは自分たちの利のためにこれらの方法を曲解し、発行枚数に上限を持たせないことをしています。
そのような暗号資産プロジェクトは、高利回りを謳い文句にトークンの購入を促します。しかし長期にわたる高いインフレ率については考慮していません。
多くの人はその致命的な欠陥に気づかないまま、誇大広告に惹かれてしまいます。需要がインフレ率を上回れなくなった時、確実に価格は下落するでしょう。インフレ率が高ければ高いほど、需要は常に増えなくてはならないのです。

需要のほとんどが価格の上昇の思惑で動いているとするならば、一度ピークに達するとその後長期に渡って下落圧が発生し、下げトレンドとなるのが常です。このように絶え間無くコインが発行されると、市場には大きな売り圧が発生するのです。

発行枚数青天井とPoSの組み合わせは、特に悪質な実装です。PoSは溜め込みを奨励し、インフレは溜め込みを苦しめます。

次の表は、今後のSymbolネットワークにおいて配布される残りのXYMに量と、Bitcoinネットワークにおいてマイニングされる残りのBTC量の予測インフレ値を表しています。

Original article is DAO Maker — Reinventing Community Through Innovation
Bloomberg 9th Feb. 2021
Translated into Japanese by Radio

プラハ、チェコスロバキア / ACCESSWIRE / 2021年2月9日 / DAO Makerは、トークン化ビジネスの構築、成長、その提供に焦点を当てたランチパッド、アクセラレータであり、クリプトプロジェクトと、そのコミュニティにとって価値と利点を提供します。 また、既にそのエコシステム内で価値を生み出す複数の実績のある製品といくつかのサービスがあります。

DAO Makerは投資家のリスクを軽減しつつテクノロジーを拡大して、スタートアップのためのコミュニティを構築します。

DAO Makerの提供するサービスは、資金調達、技術、およびエンタープライズサービスの3つの異なるカテゴリから成ります。

広く知られているDAO Makerの主なプロダクトは、ソーシャルマイニングSaaSであり、ストロングホルダーオファリングとダイナミックコインオファリングのほかに、資金調達ソリューション、コンプライアンスと規制についてのサービス、あらゆるマーケティングサポート、トークンエコシステム設計開発、コミュニティインキュベーション、ガバナンステクノロジーがあります。

同社はまた、ベンチャーボンドやベンチャーボンドの取引所、YieldShield、dTeams(ソーシャルマイニングの第2世代)などの開発段階の出口を支援するプロダクトを有しており、ベンチャーキャピタルをマス層向けに展開する段階へとサポートできます。

DAO Makerは、経営やマーケティングにおいて昨今重要とされる収集したデータを分析し、意思決定や企画の立案に役立てていくデータ・ドリブンから、ソーシャルマイニングなどの広く採用されているSAASソリューションに至るまで、暗号通貨業界に新しい革新的なサービスを継続的に導入してきました。 目標は、既存の環境の改善です。

過去3年間においてDAO Makerは、その育んできたプロダクトとネットワークを利用して、シードラウンドからユニコーン状態にまで成長させた企業の中には、評価額で50億円を超える企業もありました。DAO Makerは、クリプト業界開拓期にとあるチャットルームからスタートし、今や世界で最も急速に成長している産業の一つの中のインキュベーターのひとつとなりました。現在、DAO Makerのインキュベーション事業とそのパートナー企業の時価総額は100億ドルを超えています。

このcrypto熱狂の渦中で資金調達に成功した後DAO Makerは、すでにgate.ioとKucoinに採用されて待ちに待った参入を果たし、他の複数の取引所での上場が待たれる独自のネイティブトークンであるDAOをこの度発表します。

Christoph Zaknun氏は言います、「DAO Makerは市場に参入するために長い時間待ちました。当社のSaaSソリューションが強いインパクトを与え、多くの有望なプロジェクトのアクセラレーターとしての役割を果たしていることを誇りに思っています。また、今では誰もが私たちのソリューションの恩恵を受けられる時が来ました」

この熱狂による混乱にもかかわらず、DAOメーカーは高みを目指して、あらゆる機会を逃さんとしています。

Media contact
Company: DAO Maker
Contact: Malte Christensen, COO
Telephone: +420773463238
E-mail: malte.christensen@daomaker.com
Website: https://daomaker.com/
Address: Lidická 13150 00 Praha 5-Anděl, Prague, Czechoslovakia

Original article Symbol snapshot will boost NEM`s currency XEM to new heights by Blockstrrn_Admin Sep.4.2020
Translated into Japanese by Radio-Radio

未だ続くDeFiブームは眩しく、トレーダーに今年のチャンスをうっかり見過ごさせます。相場にかじりついてるうちに、多くのトレーダーは失敗してしまうのです。トレーダーは成功を信じて、トップトレーダーの動向に注視しています。それは決して間違いでは無いのですが、選択肢については勘違いしています。底で買って天井で売る。簡単ですよね?でも大事なことは、決定的なチャンスを掴むということです。すでに高値へと上り、多くの人の注目を集めた銘柄を見ている間に、決定的なチャンスを見逃すかもしれないということです。どうしていつも勝者に憧れるのでしょうか?それは単純に心理学できます。私たちは皆勝者に憧れます。彼らは成功していて、その成功が彼らを非常に魅力的にするからです。長いダウントレンドの場合にのみ、最も重要なチャンスはやってきます。底が確認できたら、それは資金を投入する時です。最高のチャンスは瞬時の高騰で利益を得ることと思われていますが、底で仕込むこともまたひとつのスマートな戦略です。NEMブロックチェーンの通貨XEMは、0.04セント以下の安値をつけていましたが、この時に私は勇気を持って仕込むことができました。あなたは仕込みましたか?普通はそのような資産が再び魅力的になるとは思わないので、そのような選択はしていないでしょう。

XEMはすでに勝者である多くの潜在的な理由があり、2020年のブロックチェーン業界で次に来るのはXEMでしょう。イールドファーム、流動性マイニング、DeFiの熱狂は忘れてください。XEMはNEMブロックチェーンの固有の通貨であり、困難を乗り越えたのはつい最近のことです。NEMは幼く青いクリプト業界の情熱から巣立ち、フォーラムのプロジェクトからスタートアップへと成長し、そして国際的に尊敬を集める企業へと今や変貌を遂げました。あなたにとってXEMがずっと気がかりであったことを強く示唆する指標があります。あなたは2018年の熱狂の最高値の後XEMを売り、手放しました。私が再びXEMに目を向けたきっかけは、DAO Maker とのパートナーシップ( partnership announcement with DAO Maker)発表で、DAO Makerのソーシャルマイニングプラットフォーム NEM HUB のグローバルコミュ二ティが立ち上がったことです。NEMコミュニティは、内部のスキャンダルによってチームとコミュニティが分断されるまでは、健全なコミュニティとして知られていました。私は年初のSymbolのプレゼンテーション( Symbol presentation earlier this year )以来、ニュースやフォーラム、チャートを見てきましたが、NEM HUBによる再始動は決定的でした。この一見不可能と思われるミッションをDAO Makerで行ったのは、勇気ある正しい決断でした。DAO Makerは中立的な第三者として、グローバルコミュニティへのより良い橋渡し役となりました。

控えめに言っても、もしあなたが潜在的な勝者を探しているのなら、NEM/XEMはまだポートフォリオに追加するに値します。価格は長く低迷していた安値圏から脱出しつつあります。もし0.15ドルの抵抗を破ったら、どこまで行くかわかりません。しかし、それよりも重要なことは、今年後半のSymbolローンチです。11月末ごろには、その時点でのXEM保有残高に対して1:1でXYMが付与されるスナップショットがあります。NEMやSymbol、エコシステムについてお話しすることもできますが、私は市場の分析に重点をおきたいと思います。スナップショットは価格に大きく影響します。市場におけるスナップショットを振り返ると、ほぼ全ての資産はスナップショット直前に大幅に価格を上げていたことがすぐにわかります。先ほどお話しした心理学的な効果ですね。一般的には、心理学は株式や暗号通貨の市場で大きな役割を果たしています。私たちはみんな、タダで貰えるものは好きですよね?XEMを買ってXYMをゲット。また、あなたがタダで手に入れるXYMは、将来的な値上がり益を得るか、NEM2.0の開発の一部になるかもしれません。どちらを前提としても、XEMの購入と保有にとっては魅力的な理由ですので、2020年には最高値へと上り詰めるでしょう。信じられませんか?HIVEとSTEEMの価格競争は記憶に新しいですが、SymbolはNEMのハードフォークではありません。私たちはHIVEとSTEEMでそれを見たように、すべてのXEMホルダーはXYMトークンを取得します。XEMの最高値は、技術革新を伴わないバブルの熱狂だけで2.09ドルを2018年に記録しました。スナップショットがXEMの千載一遇のチャンスだというアイディアに興味を持ったなら、NEMとSymbol技術、エコシステムを深く考察する私の今後のシリーズ記事を読んで見てください。ちなみにSymbolのオプトインは2020年9月15日からです。今月中にXEMが0.2ドルを超えるのを見れるのではないでしょうか?私はもう準備OK!NEMとコミュニティについては、NEM HUBのツイッター(NEM HUB`s Twitter)をフォローすると良いでしょう。

BLOCKSTERNのツイッターBLOCKSTERN TwitterTelegram News Channelもよろしくお願いします。

Symbol from NEM — Brand Introduction

DISCLAIMER
THE VIEWS AND OPINIONS EXPRESSED BY THE AUTHOR ARE FOR INFORMATIONAL PURPOSES ONLY AND DO NOT CONSTITUTE FINANCIAL, INVESTMENT, LEGAL, OR OTHER ADVICE.
免責事項
著者が表明した意見や見解は、あくまでも情報提供を目的としたものであり、金融、投資、法律、その他のアドバイスではありません。

シンボルは目を光らせている ー 葡萄畑からワイングラスまで

This is a Japanese translated article of "Eliminating fraud and ensuring the authenticity of fine wine throughout the supply chain"

不正行為を排除し、供給網を通じ高級ワインの真正性を確保する

葡萄園や蒸溜所などの最も伝統的な部類のビジネスであっても、シンボルブロックチェーンを使い、業務を近代化できます

NEMから産まれたシンボルは、超高負荷状況下でも作動するように設計され、企業向けのブロックチェーンとして開発されました。例えば、製品追跡アプリケーションや生産流通網など、秒間で高速大量なトランザクション処理を必要とするネットワークです。

This is a Japanese translated article of "Symbol is primed to facilitate tokenization and STO issuance"

シンボルはトークン化された新興資産をサポートする体制を整えています。

シンボルは、洗練された効率の良いブロックチェーンプラットフォームを使いたい起業家や、企業、機関にサービスを提供するために設計されています。

シンボルの開発プロセスにおいてわかったことは、プラットフォーム上でどの機能を強化することが最も問題解決に役立ち、結果企業に最大限の利益をもたらすかということです。また、多くの革新的分野で事業展開する企業が、シンボル採用という最前線に立つことも明らかになりました。これらは、建設、データ管理、物流、公証、金融、資産管理などの事業を行なっている企業が含まれます。

金融や個人富裕層向け資産管理型ビジネスの世界で事業を行う企業は、特にトークン化されたデジタルアセットの運営と管理をサポートするプラットフォームが必要です。この記事では、トークン化された新興資産部門をどのようにシンボルがサポートする体制を整えているのかを説明します。

ミニクエスト — シンボルノードテストネット運用とシンボルウォレット

このミニクエストでは、シンボルテストネットノードを運用操作するために必要なスキルを身につけ、シンボルウォレットに親しみ、設定をカスタマイズする手順、方法を学びます!このミニクエストでは、シンボルウォレットを使って、シンボルのテストネットノードを操作してみましょう。これは2つ目の

Radio-Radio

Japanese Writer / Content Translator. Interested in Blockchain and NEM/Symbol. Japanese, English, and French.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store