ミニクエスト — シンボルノードテストネット運用とシンボルウォレット

このミニクエストでは、シンボルテストネットノードを運用操作するために必要なスキルを身につけ、シンボルウォレットに親しみ、設定をカスタマイズする手順、方法を学びます!このミニクエストでは、シンボルウォレットを使って、シンボルのテストネットノードを操作してみましょう。これは2つ目のNEM HUBテックタスクです! [1つ目のタスクはこちら]

簡単な紹介

NEM HUBソーシャルマイニングで評価対象となるこのタスクに参加するには、NEMのソーシャルマイニングプラットフォームNEM HUBでアカウントを作成する必要があります。登録は簡単で無料、この登録リンクNEM HUB Social Mining を使用するだけです。

このタスクの目的は教育にありますが、参加することでXEMトークン、HUBポイント、Repを得ることもできます。そのためには上述した通り、(1)ハブに登録し1,000XEM以上の残高のあるウォレット接続 (2)この記事で指定されたタスク完遂(注:ハブでルールと期限を確認したください

タスクが終了しても、ウォレットとノードは削除しないでください。次のステップとタスク認証のために必要です。

課題の投稿

タスクをやり遂げたら、ハブに提出をしてください。タスクの詳細ページを開き、Submitボタンを押して、次の情報を記述します:

・タスク1 IPアドレス(ノードが動いている必要があります)

・タスク2 テストウォレットが必要です

・タスク3、4、5、6、7 ウォレットのスクショをアップロードしてください。スクリーンショットのアップロードが難しい場合は、Google DriveやDropBox、Yandexなどのクラウドフォルダを利用しましょう。

お伝えしたい一般的な注意点

ウォレットを使う場合、コインの送信、コインの作成、名前の変更など、全てのことに必然的にトランザクションの確認が必要になります。次の画像をご覧ください。(行数などは変わる場合がありますが、基本は同じです)パスワード入力、トランザクション署名の確認ボタンをクリックするステップです。

タスク#1. ウォレットのインストール

ウォレットをインストールするには、次のリンクから最新版を入手してください。

https://github.com/nemfoundation/symbol-desktop-wallet/releases

使われているオペレーティングシステムに応じて、インストールに最適なリリースを見つけることができます。

・macOS用のファイルは、symbol-desktop-wallet-mac-0.12.0.dmg

・Windows用のファイルは、symbol-desktop-wallet-win-0.12.0.exe

・Linax用のファイルは、symbol-desktop-wallet-linux-amd64–0.12.0.deb

とそれぞれ表示されます

この記事を執筆した時点での最新は v0.12.1 です。他の古いバージョンの動作は不確実です。

インストールと登録が済みましたら、あなたのウォレットはもうシンボルテストネットで使えます。下記のように見えるはずです

タスク#2. ウォレット用にノードを選ぼう

なぜ? どうしてノードを選ぶのですか? どのウォレットも、シンボルネットワークを動かしている既存のノードと相互作用します。ノードはあなたのウォレットのリクエストを動かします。ウォレット自体は自立しており、起動時にネットワークに接続するため、デフォルトとしてすでにいくつかのノードが含まれています。テストのために、ウォレットをノードと接続できるように設定します。

ノードにはフレンドリーネームが必要ですし、ネットワークにはアドレスが必要です:

nemhub-socialmining-2020-quest

35.202.153.18

さぁノードこのノードをウォレットのメインノードに設定して見ましょう。ウォレット上部、設定アイコンの歯車ボタンがあります。

クリックすると次の画面になります:

私たちの目標は、”Network settings” を設定することなので、それをクリックしてください。(左側のメニューに表示されている”Network settings”の項目)

次の写真に示すように、Node Url フィールドに http://35.202.153.18:3000 という値を入力します。

システムはノードを「探して」接続しようとします。すべて正しく入力し、ネットワークの問題がなければ、数秒後にネットワークタイプ(TEST_NET)と生成ハッシュ(1DFB2FAA……)の追加情報が表示されます。

すべて正常で、利用可能な動いているノードです。Confirmボタンをクリックしてください。この段階ではノードの登録はできましたが、次にメインノードとしてインストールをする必要があります。ウォレットの上部に利用可能なノードのリストを表示するため、test_netをクリックします。

このリストから、先ほど設定したノードを:http: //35.202.153.18-nemhub-socialmining-2020-quest を探し選択します。

ウォレットがノードとの接続を試みる間は、一時的にスプラッシュ画面が表示されます。

ノードが繋がりました

この設定を終了するには、ウォレットの上部にある TEST_NET を再度クリックします。

タスク#3. faucet(蛇口)からテストXYMトークンを入手し、ウォレットに充填する

faucet(蛇口)につないでみましょう。faucet(蛇口)へ行くには2通りのやり方があります。

・Open the Faucetをクリックして、ウォレットがブラウザを開くのを待つ。

・ブラウザでfaucet(蛇口)ページを開く http://faucet-96x-01.symboldev.network/

faucet(蛇口)を開くと、次の画面です:

引き出すためには、フィールドを次のように操作します。

・Mosaic — ここでは触らないでください

・Recipient — ここにあなたの”T”から始まるシンボルテストネットウォレットアドレスを入力してください。

・Amount — ご希望のトークン数を入力してください。一度に7,500枚までです。欲張らず、テストに必要な分だけ入手してください。

全てできましたら、CLAIM ボタンをクリックしてください。数秒でリクエストしたトークンがウォレットに届きます。

タスク#4. テスト XYMトークンを私のアドレスに送ってください

次にトークンを送信してみましょう。ウォレットのメインウインドウで、Transfer タブにアクセスし、次のようにフィールドに入力してください:

・To ここに私のアドレスを入力し、気前よくテストXYMをいくらか送ってください

TDVLWU7X3O6G4VS3NQMCSJCI2NPCBUBS43RA4AQ

・Mosaic トークンの数量を入力してください。さぁやってみようワンツースリーフォー

・Message 次のメッセージを入力してください。

SM test transaction from YOUR_NICKNAME.NODE: YOUR_NODE_IP

YOUR_NICKNAMEのところはあなたのハブでの名前に、YOUR_NODE_IPのところは(タスク#1でやりました)あなたのノードのIPアドレスに置き換えてください。

タスク#5. ネームスペースと(もしくは)サブネームスペースの作成

ネームスペースと(もしくは)サブネームスペースを作ってください。

早速作ってみましょう

ウォレットの左側から、namespacesを選んでください。次の画像ではすでに作成されたネームスペースが見えています。 あなたの場合、リストは空白です。

Create new namespaces タブを選んでください:

ここでネームスペースを作れます。次のように空欄を埋めてください

Namespace Name ここで名前を設定してください。注意して、このフォーマットを使ってください。your_nickname_yyyymmdd your_nicknameのところは、あなたのハブでの名前に、そしてyyyymmdd のところはフォーマットに応じた最新の日付に置き換えます。例としては、supernodemaker_20200705 (全て小文字です)

Duration ここでネームスペースのブロック単位の期間(有効期限)を設定してください。私は1年(2102400ブロック)と表示しました。これが最長期限です。

設定を完了させるためには、SENDボタンをクリックしてください。数秒後にあなたのネームスペースが作られますが、冒頭のお伝えしたい一般的な注意点で説明した通り、ウォレットのパスワードを使用してトランザクションを確認する必要があります。

サブネームスペースの作り方

Create sub-namespace を選んでください(ネームスペース設定後に左側から選んでください)

ここで新しいサブネームスペースを作ることができます。次のように空欄を埋めてください

Parent Namespace 前のタスクで作成したParent Namespace(先ほど作成したネームスペースがサブネームスペースの親ネームスペースになります)を特定します。リストが空の場合は、前のタスクが完了していないことになります。前のタスクに戻って、もう一度慎重に繰り返してください

Namespace Name サブスペースの名前を決めてください

Expires In サブネームスペースの有効期間を表示します。期限はParent Namespaceによります

設定を完了させるためには、SENDボタンをクリックしてください。数秒後にあなたのネームスペースが作られますが、冒頭のお伝えしたい一般的な注意点で説明した通り、ウォレットのパスワードを使用してトランザクションを確認する必要があります。

タスク#6. モザイク作成

中央銀行や連邦準備制度のような気分を味わいたいですか?シンボルではとても簡単にできます。

ぜひ今、シンボル上であなた自身のトークン(モザイク)を作成することをお楽しみください。ウォレットの左側にあるMosaicsを選択してください。

次のように空欄を埋めてください:

Supply トークンの量です。この例では、私のゆるぎないドルを1,000,000,000枚発行したいと思います。100,000,000,000を入力します(はい、間違いではありません、理由は後ほどお分かりになると思います!)

Divisibility 小数点以下の桁数が何桁になるか 通常のドルのように2とします、つまりセントは0から99までです。 そして、最後の2桁が「ペニー」1,000,000[00]となるよう「切り捨て」になるので、合計金額は1,000,000.00トークンになります。この機能を忘れないようにしましょう。

Duration トークンの有効期限を表します。期間限定トークンも作れます。期限は10年、または6350日です。無期限トークンを作るのであれば、Unlimited durationを選んでください。

[x] Unlimited duration 無期限トークンを作るのであればこのチェックボックスにチェックしてください。制限はありません。

操作を完了させるためには、SENDボタンを押してください。クリックしてトランザクションが確認されると、数秒後にはあなたの通貨のできあがりです!

しばらくすると、Mosaicセクションにトークンが表示されますが、ネームフィールドには、「n / a」、つまり「名前のない通貨」と表示されています。これでは味気ないので!

通貨の内容が書いてある行の右端にペンのアイコンがあるので、それをクリックするとLINKという項目が出てきます。それをクリックします。

Choose A Namespace のところで、ネームスペースをさっき作ったようにして、dollarとし、SENDボタンを押し、トランザクションを待ちます。

数秒後には、ほら!

これであなたは誰に対してでも、あなたがあなた自身の銀行のオーナーであり、ゆるぎない通貨の所有者だと胸を張って言えます。マヌケに支配されている草銀行でもなければ、お菓子の包み紙にもなりゃしないトンマな頭取の草紙幣でもないってね。

ペンのアイコンでは、通貨から名前を切り取ることもできます。通貨の名称を変更したい時には、この機能を使います。

タスク#7. あなたの作ったトークン(モザイク)を私に送ってください

自ら学んでいただくために、ここでは手引きはありません。

モザイクを数枚私に送ってください! ありがとう!

TDVLWU7X3O6G4VS3NQMCSJCI2NPCBUBS43RA4AQ

あとでありがとうって言えるように、あなたのハブでのユーザーネームをトランザクションのメッセージに書き添えてください。

また、あなたのユーザーネームの後に、数字を括弧書きで入れてください。(0)非常に簡単から、(10)地獄のようなタスクまでの10点満点で評価してください。

全員合格? おめでとうございます! 冒頭に記載したように、必要なデータを提出して、報酬を手にいれましょう!

……..そして次のタスクをお楽しみに

Russian Quest

--

--

Japanese Writer / Content Translator. Interested in Blockchain and NEM/Symbol. Japanese, English, and French.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store